古道具のあるくらし vol.1 Nさん宅

 

古道具が好きな人ってどんな空間で暮らしているのだろう。

イエノコモノで買ってくれたものは、どんな家具や雑貨と並んでいるのだろう。

イエノコモノを始めてからずっと考えていたことです。

 

Nさんがいらしたのは、イエノコモノオープン前でお店の壁に何度目かのペンキを上塗りしている頃。

まだ作動していない自動ドアをコンコンとたたいて、「これ、売り物?予約したいんだけど」とポツンと一つだけ置いておいた家具を指さしました。

それ以来、何度もイエノコモノに来て下さるお客様です。

 

Nさんのお宅へ家具などを配達に伺うと、毎回ハッとさせられます。

自分が気に入ったものをを少しずつ集めて、好きなものと暮らす。

決して華美ではないNさんの暮らす部屋は、自分の目で選んだ、自分のための空間でした。

 

こんな暮らし方があるんだ、ということをいつか皆さんにお見せできる機会があればと思い、

Nさんにお願いしてお部屋を撮影させていただきました。

 

Nさん宅は1DKの賃貸住宅。築年数も経ています。

自分らしい空間をつくるために必要なのは、広さはではない。

一人で暮らすための空間だからこそ、どんなものと一緒に暮らすのかを自分の基準で選ぶ。

Nさんの部屋に対する妥協しない姿勢を見習いたいと思っています。

 

Photo & Text  /Chie ENDO

【イエノコモノでの購入品】

 

一番上の写真:植物の入っている植木鉢、木製の台

 

下の写真 左上:木の入れ物、毛糸、グリーンの花瓶 右上:植木鉢

     中左:糸巻き 

     左下:左側の花瓶


ほんとはまだまだあるのですが・・・         

 

イエノコモノでは「古道具とくらす」方を募集しております。

古道具はイエノコモノで購入したもので無くても構いません。「古道具とくらす」暮らし方のアイディア、見せて下さい。

ご連絡はこちらまで store@ienokomono.com またはお店でお声掛けください

◇イエノコモノWeb ストア◇

 

古書/アート/古道具/

機織・染色関係書籍などを販売中

【店舗営業時間のお知らせ】

 

【8、9月の店舗営業時間】

Wed - Fri    10:00-16:00

 

 

Instagram更新中です